刺される前の対策

今までの虫除けのイメージ

以前まで虫除けといえば、肌が荒れや嫌なニオイが気になるイメージがあります。虫除けに多く配合されているディートはアレルギーを引き起こす可能性があるため、小さい子供に使いにくいものでした。しかし、話題になっている虫除けミストは自然成分で作られているので安心使用できます。虫除けに使われるアルコールの種類にはエチレンという成分が含まれる合成アルコールがあり、肌に刺激を与えるものでしたが、植物性アルコールを使った虫除けミストは刺激がほとんどなく皮膚が弱い方でも使用することが可能です。この虫除けミストは虫の嫌がるアロマを配合していますが、爽やかな香りで気兼ねなく使えます。このアロマにはレモングラスやティーツリー、ラベンダーなどが配合されており、特殊な配合によって長時間良い香りが続きます。

ミストの付け方

虫除けミストが便利な点にはミストタイプになっているため、手足や首周りなど簡単に振りかけることができます。通常の虫除けスプレーの場合、ボトルを逆さにしても内容液が噴射されないものでしたが、虫除けミストの場合特性のボトルが使われているので逆さにしても使えます。この虫除けミストは首や腕、脚に噴射した後、手のひらで伸ばします。虫除け効果が時間が経つと薄れてしまうため、小まめに付け直す必要があるため、約2時間を目安に付け直すことが大切です。なお、肌荒れ無く虫除けミストを使用したい場合には、手足の内側など皮膚が薄い部分につけて、肌のひりつきやかゆみがないか調べることが大切になります。