合った製品の選び方

つけた方が良いファンデーション

敏感肌の人にとって、ファンデーション選びはとても大切です。 ファンデーションをすると肌が荒れてしまうという人も、少なくはないでしょう。 昔から「敏感肌の人はなにもつけない方が良い」と言われていましたが、実はなにもつけないことの方が肌に負担が掛かり、あまり良くないのです。 ファンデーションにはUVカット機能がついたものが多いのですが、そういった機能がないものでも紫外線防止をするという役割を持っています。 ですから、ファンデーションをつけるだけで、なにもつけないでいる状態よりも紫外線から肌を守っているのです。 ファンデーションを選ぶ際には、カバー力の大きなものよりもカバー力のあまりないものの方が肌に対する負担が少ないということを念頭に入れて選ぶようにしましょう。

質の良いものを選びましょう

敏感肌の人は、肌に対する負担の少ないものを選ぶことが大切です。 カバー力の高い「リキッドファンデーション」や「クリームファンデーション」を選ぶよりもミネラルファンデーションやルースファンデーションを選ぶ方が肌に対する負担は少ないのです。 敏感肌の人にとって、化粧品に含まれている成分だけではなく、パフやブラシの使用感にも気を付けなくてはいけません。 なるべく刺激の少ないものを選ぶことで、肌にかかる負担も劇的に減少されます。 現在、質の良いファンデーションが増加傾向にあるため、敏感肌の人も安心して使うことができる物が増えています。 肌に対する負担の少ない「スプレータイプ」のものが販売され、多くの人の注目を集めています。 これからは更に肌に優しい、質の良いものが販売されていくのではないのでしょうか。